理学療法士になった赤月が思いつくまま書く徒然なるブログ お知らせ

人目の
素敵なお客様です


since 2006.1.22
〜重要なお知らせ〜
4月23日をもってブログタイトルを変更しました。旧「医療系治療士の道」とコンテンツは全く変わりません。今後も私の思う事を思うようにブログしていきます。どうぞよろしく。

みなさま、ようおこしです!!
赤月です。
理学療法士になりたての徒然なるブログをごゆるりとお過ごしください。尚、トラックバックは大歓迎です。コメントも出来る限り返信させて頂きます。できるだけ足跡を残して下さい。お願いします〜!! またトラックバックを張らして頂いたブログ主様。ありがとうございます!!今後もよろしくお願いします!!玄関を作りましたw玄関先は 新・医療系治療士の道(仮)ホームページです。 こちらもよろしく!! 尚、記事に関係ないTBとコメントは申し訳ないですが、削除しています。特にアダルトコンテンツは即削除です

人気blogランキングへ

2008年02月15日

ちりとてちん

もうすぐ終いです。
なんですか?NHKの朝の連続小説です。

めちゃ面白いんですが・・・モデルとなる話があると私自身は睨みましたw

そしてネットを検索し、それらしき話を見つけたのでした。
手がかりは上方落語の四天王と呼ばれた草若師匠・・・
草若師匠は病死する。
そして珍しい女流落語家が弟子にいる事。

実際の世界での上方落語の四天王とは
6代目笑福亭松鶴師匠、3代目桂米朝師匠、3代目桂春団治師匠、5代目桂文枝師匠の4人。

ってことはこの4人の中に草若師匠がいるということです。
この中で存命の方は除くと2名。病死しているのは肺がんで亡くなった5代目桂文枝です。また文枝は、男性社会の中で構築された古典落語の壁にぶつかっていた女流の3代目桂あやめに新作落語を勧めるなど、弟子の特徴を活かした指導を行っていたところなどまるでちりとてちんに見られるエピソードが見られます。

もちろんこれで決定ではありません。3代目桂あやめは若狭出身でもありませんし、5代目桂文枝師匠たった5人の弟子しかいないわけではないし、3代目桂あやめには兄弟子と結婚したわけではありませんけどw

草若師匠が一時廃業していた時期がありましたけど、この辺も5代目桂文枝師匠とも同じです。時期も理由も違いますけどね。

まあモデルとしては結構いけてるんじゃないでしょうか?

もちろん緒方奈津子(原沙知絵)のモデルは作者の藤本有紀さんなんでしょうねw
posted by 赤月 at 00:00| 和歌山 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | TV番組/DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
赤月が連続するの?
Posted by BlogPetのあっしゅ at 2008年02月15日 10:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/84035548

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。